Menu

旧古河庭園4(2005.05)

20050521002
またまた旧古河庭園。
すっかり自分の庭になってます。

この日はイベント期間中で、広場に屋台なんかも出てました。
いいお天気だったので、アイスが売れてる様子。
あと、日陰に避難してるベテランおねーさま達も。w
庭園だから仕方ないけど、ベンチが少ないんですよね~。

まずは洋館の周辺を散策。

20050521013
洋館前の花壇も、見頃のバラがいっぱいみたいです。
さっそく行ってみましょう。

20050521015
きれいに整備されています。
もう少し上から撮りたいのですが、150cmの私にはこれが限界。
この頃、ドローンとか自撮り棒とかあったらなぁ。

20050521011
それぞれの花の前には、札が立っていて、品種が分かるようになっています。

20050521005
違う角度から。
横から見ると、実に様々なバラが咲いているのが分かりますね。

20050521004
カップ咲きの白。「ブルゴーニュ」に似てるかな。

20050521006
こちらは、ちょっと淡いピンクの縁取り。
「フロージン ’82」かな?
(「Gメン ’75」みたいな名前ですね。あ、知ってます?)

20050521018
こっちは赤い縁取りですね。
「ダブルデライト」。

20050521010
ちょっと色が飛んじゃってますが・・・
こちらは、朱色というんでしょうか、少しオレンジ掛かった赤ですね。
その名も「朱王」。

20050521007
クラシックな深紅のバラ。
「パパ・メイアン」。

20050521009
ブルー系のピンク。「紫雲」です。

20050521019
今度はテラス側の花壇へ。

20050521020
「インカ」。
眩しいくらい鮮やかな黄色ですね。

20050521022
このブログでも何度も登場しています。
「プリンセス・ミチコ」。

20050521026
花壇を横から撮ってみました。

20050521025
白いバラもいいですね。
「プリンセス・オブ・ウェールズ」。

20050521024
ちょっと牡丹っぽい八重ですね。
たまたまかな。
花びらの落ち方で、ちょっと雰囲気が違うことがありますよね。

さて、次はバラ園を見ましょう。

20050521027
テラス前の階段からバラ園を見下ろすと、こんな感じ。
たくさんの人が来てますね~。

20050521037
各花壇の中央には、タワー型でこんな素敵な飾り方も。

20050521070
同じ花でも、花弁の数、角度などで雰囲気が変わります。
これはちょっと小振り。

20050521071
上から。

20050521073
大輪で八重がきれいに出てます。

20050521032
誰もがイメージする「赤いバラ」ですね。
「熱情」。

20050521031
ちょっと枯れ気味ですが、好きな色だったので・・・。
これは「ブルーリバー」だったかな?

20050521061
同じく、ブルー系ピンク。
こちらは「ブルーライト」。

花弁の形や、きれいに育ってるせいでしょうか。
いつも人が集まる人気の品種です。

20050521033
こんな不思議なバラもありました!
「マスケラード」。
黄色→オレンジ→赤と色が変化する品種だそうです。
いろんな状態を一度に見れたんですね。w
これは自宅で花がついたら楽しいだろうな~。

20050521029
爽やかなレモンイエローのバラです。
「ゴールデンメダイヨン」。

20050521066
こちらはクリームイエロー。
赤ほどじゃないけど、黄色もいろいろ雰囲気の違う品種がありますね。

20050521040
これも、ちょっと不思議な色合い。
「ピース」です。
淡いピンクの縁取りがドレスみたいで、かわいいですね。^^

20050521044
繊細で淡いグラデーション。
これは「ジッフェ」。

20050521038
ちょっと小振りですが、凛とした真っ白のバラ。
あ~、自分の影が重なってます。すみません・・・。

20050521052
こんな花も咲いてました。
札から察するに「ノイバラ」かな。

20050521035
最後に、階段下のバラ園から洋館を見上げたところ。
陽が傾いて来ました。

お天気が良くて混んでる割に、バラを堪能出来ました。^^

あ、恒例のおまけ画像。

20050521078
旧古河庭園は、バラの時期など、イベント時は開園時間を延長して、ライトアップもしてくれます。
ライトアップの記事はこちら。)
暗くなると見えないんですが、こんな風に電球をカバーしてるんですね。
これはバラ園横の階段だったかな?
自然に合ってて良いなってことで一枚。

■参考
庭園へ行こう。旧古河庭園
公園へ行こう!旧古河庭園
旧古河邸

■リニューアル後記(2016.9.23)
お天気が良くて、ピントもだいたい合ってたので良かったんですが・・・
赤が飛びまくってますね。
鮮やか過ぎたかな・・・。

根津神社2(2005.05)

前回(記事はこちら)は、ツツジを逃して新緑の根津神社でしたが・・・
今回やっと(というかギリギリ)ツツジを見ることが出来ました!

20050505001
まず、お約束の鳥居ですね。w
こちらは、最初の門「表参道口」です。

20050505002
もうひとつ門をくぐると、広場のようになっています。
ツツジのピーク&いいお天気だったので、人がたくさんですね。

奥に見えているのが「楼門」(国指定重文)。

20050505003
近くに寄ってみました。
右側は水戸光圀公がモデルと伝えられてるそうです。

20050505033
違う角度から。
カラフルで、きれいですね。

20050505038
ちなみに・・・
「楼門」を後ろから見ると、こんな感じ。

で、この「楼門」を通ると・・・

20050505036
「唐門」(国指定重文)が見えて来ます。

神社にはいくつも門がありますが、こちらでは、この「唐門」が正門にあたるそうです。
この奥に社殿があるので、それに対する「正門」ということなんでしょうか。

20050505037
「唐門」の近写です。

そして、更に進むと・・・

20050505039
「拝殿(社殿)」(国指定重文)です。
この日は人が多いので遠くから。w

「社殿」や「唐門」、
「社殿」を囲む「透塀」(国指定重文)の写真と詳細は、前回の記事をご覧下さい。^^
根津神社の歴史なんかにも触れてます。

さて、今回のメイン、ツツジです!

20050505004
って・・・ビミョー。ww
実は、同じように全体を撮った別の写真、設定を間違えたのかブレッブレのばかりでした。
賑わってる様子を紹介したかったんですが・・・すみません。

ちなみに・・・
ここから先、ツツジ苑に入るには入場料200円が必要です。
まぁ、約50種3000株ものツツジを管理するのは大変なんでしょうね。
また、ツツジ苑に入れる期間も決まっているので、ご注意下さい。

では、なんとか撮れた写真を紹介しますね。

20050505008
よく見るツツジの色ですね。
「クルメツツジ(キリシマ)」というらしいです。
うーん、圧巻ですね。

九州の久留米から広まったので「クルメ(久留米)ツツジ」というらしいです。
また、赤い色の濃いものを「キリシマ(霧島)」、
白やピンクのものを「クルメツツジ」と呼び分けたりするそうですが、
まとめて「クルメツツジ」と呼ぶ場合もあるようです。

20050505007
こちらは「カラフネ(黒つつじ)」。

20050505005
濃い赤ですね。

20050505016
あまり見ない色合いですね。
品種は分かりませんでした。ごめんなさい。

赤と言っても、ピンクだったり、黒っぽかったり、朱だったり、グラデーションだったり、いろいろありますね。
それも魅力のひとつでしょうね。^^

20050505030
白地にピンクの絞りが入ったのを「クルメツツジ常夏」というらしいです。
かわいいですね。
でも、ちょっと枯れ気味・・・。^^;

20050505020
「ミシマツツジ」かな?
ピンクとも紫とも言えない色合いがいいですね。

20050505026
「キレンゲツツジ」。
黄色いのもかわいいですね。

20050505029
ちょっと虫にやられちゃってますが・・・。^^;

ちなみに・・・
名前の似た「レンゲツツジ」というオレンジに近い色のツツジは有毒なんだそうで、
『牛や山羊は体重の1%の摂取で中毒または死亡』とあるんですが、
「キレンゲツツジ」のほうは大丈夫なんでしょうか・・・。
種別が違うのかな?
ちょっと、怖いネタ。w

20050505031
「ミツバツツジ」でしょうか。

20050505013
ちょっと終わりかけですが・・・
「ヒラドツツジ」ですね。
※以前の投稿で「クルメツツジ キリン」と表記してましたが、間違いです。失礼しました。

20050505015
百合を思わせる模様ですね。
なにげに・・・ヒョウ柄?ww

ちなみに、この斑点は「蜜標」と言って、ハチなどに「ここに蜜があるよ~。」と教えてるんだそうです。^^

20050505024
別の木は少しピンクが強く出てました。

20050505017
上のツツジと似てるようですが、ちょっと花弁が違うような。

20050505019
枯れてない枝を探すのも一苦労だったり・・・。^^;

20050505025
こんな感じで遊歩道が続いています。
傾斜を利用してるのはいいんですが・・・なめて掛かると結構しんどい階段です。w

一面満開!とまではいかなかったですが、
良いお天気で、いろいろな種類のツツジを堪能出来ました。^^
全体の写真を失敗してるのが、本当に残念・・・。

■参考
根津神社 文京つつじまつり
文京区 文京つつじまつり

■リニューアル後記(2016.9.21)
つつじ苑全体の画像、なんとか修正してアップしようと試みたのですが・・・
眼鏡かけてない時みたいな画像というか、抽象画的な「もやっと感」が取れず・・・断念。
お天気もがんがんに晴れたり、曇ったりで、画像にバラつきがあって、すみません。

神田川(2005.04)

20050409066
小石川後楽園散策(記事はこちら)の後、そのまま足を伸ばして、神田川の桜を見に行きました。

20050409067
水面に敷き詰められた桜もきれいですね。

左に見えるのは首都高池袋線(出口方面)。
池袋線は水道橋から江戸川橋まで神田川の上を走っています。

20050409068
右端の桜の下は、江戸川公園の遊歩道です。
毎年この季節になると桜祭りで賑わっています。
ここを歩いてみましょう。

20050409070
桜の絨毯です。

20050409072
幹に咲く桜は、なんだか生命の強さを感じます。

20050409074
牡丹・・・かな?

20050409076
桜吹雪が夕陽に当たって、ものすごくきれいでした。
ちょっとせつない感じ。
動画で撮ればよかったなぁ・・・。

20050409102
一休橋の上から振り返ってみました。
左端の桜が今歩いて来た桜並木です。

20050409103
同じ場所から反対側(川上)を見ると、こんな感じ。
ずっと遠く、対岸まで桜並木が続いています。
神田川は橋からの景色が最高ですね。^^

20050409109
椿山荘ホテルフォーシーズンと桜。
ホテル内も桜のイベントがいろいろあります。
敷地内から神田川の桜も見えたりして。

20050409111
駒塚橋付近まで歩いたでしょうか。
まだまだ桜が続いています。

20050409112
桜が神田川を襲ってるみたいですね。(笑)

20050409113
そのうち、対岸の桜と枝が重なるんじゃないでしょうか。(笑)
この下(神田川の中)を歩いてみたいですね。^^

20050409114
日が暮れちゃいました。
さすがに疲れたので、今日はここらへんで引き返すことに。
いや~、よく歩きました。^^

■参考
文京区 江戸川公園ページ

■リニューアル後期(2016.9.20)
後楽園~神田橋だったので、着いた頃には夕方近く。
彩度を上げて調整しています。
桜が見事で、助かったような、もったいなかったような。
本当にきれいでした。